興味を持たれた方は、こちらからご連絡ください。

INTERVIEW インタビュー

代表:大野

代表:大野

役員:岡野

役員:岡野

役員:石川

役員:石川

代表:大野

大野 友美

 

 

 

「自分にとってはひまわりが、人生そのものなのかもしれない」

起業を決意したとき、自分よりも会社をとって全力投球することを決めたという代表の大野。
今回は大野社長から、介護業界やひまわりに対する思いをお聞きしました。

大野が介護業界に入るまで

効率アップを追求した前職時代

高校卒業後は早く働きたかったので、すぐに一部上場企業のサービス業に就職しました。
しっかりした会社で、社会人としての挨拶や礼儀といったマナーを体に染みこませるための厳しい研修がありました。
例えば「お客さんから何か言われたらすいませんから始める」といったことです。

当時は仕事が終わったら帰って遊びたい気持ちが強く、自分に与えられた仕事を短時間で終わらせる方法を探していました。
例えば閉店後レジのお金を計算するのに、自分が入るまではそろばんを使って1時間かかっていました。
30年ほど前なので電卓を使えばいいのに、それでもそろばんを使っているような状況でしたが、電卓の使用に変えて時間効率を上げたことによって、仕事後に遊ぶ時間を増やしていました。

皆が30分かける仕事を、自分は20分で終わらせ、与えられた仕事を早く終わらせる。
効率アップの為に、古いやり方に固執することなく新しいやり方を見つけていく働き方を当時学んだのかもしれません。

祖父の介護をきっかけに業界へ

事務の仕事をしている時に祖父の介護が始まりました。
祖父の介護をするにあたり、より専門的な知識を身に着けるために専門学校へ入学しました。

学校卒業後に介護老人保健施設に就職しましたが、その後、祖父の状態が不安定になったのをきっかけに在宅サービスに興味を持ちはじめました。
そこから「ひまわり」を立ち上げ、利用者さんへの理想とする介護サービスを提供を開始しました。
今、現在では介護施設で働き始めたのが27歳のときだったので、介護業界には入って19年目になります。

 

ひまわりについて

ひまわりを作ったきっかけ

かつて福祉業界はサービス残業が当たり前で、評価によって賞与が支給されていない会社が多い印象でした。
ひまわりを作ったのは、頑張った人が頑張った分だけ評価され、給料をもらえるシステムを作りたかったからです。

自分が新卒で勤めた会社では、当たり前のように評価システムがあって、評価に基づいた賞与が支給されていました。
仕事効率を上げたことや、業務の改善などで評価されてきた自身の経験から、頑張った人が正当に評価されない当時の福祉業界は不公平だと感じていました。

現在のひまわりは評価体制を整い、業界内では平均以上の給料、賞与を出せるようになりました。
評価制度や本人のやりがいが元となり、スタッフのレベルアップしやすい環境が整っています。

会社を拡大、維持してこれた理由

ここまで会社を大きくしてこれた理由は数多くあります。
利用者さん、スタッフ、支えてくれる企業、近所のみなさん。

中でも、印象深いのが、会社経営をはじめた頃、ある方と出会って「企業は人なり」と教えてもらったのが大きかったです。
お金がなければ起業はできないけど、人もいなければ起業できない。
起業時に貯金していたわずかなお金と、一緒に働いてくれるスタッフ、仲間がいたから、今も続けられる会社を作ることができました。

また、起業する間際、父に「人生の選択で会社をとるか、自分をとるか」と言われましたが、そこで会社を選択しました。
会社をする以上は自分を優先して考えることはやめ、会社に全力投球すると決意しました。

経営者としての責任

今の自分にとって仕事で大切なのは責任を負うことです。
お客様に対しての責任、会社を継続していく責任、職員やその家族の生活をより良くしていく責任、さまざまな責任があることを意識しています。

振り返ってみると、守るものが自分ではなくて会社やスタッフだったからできたのだと思っています。
起業するとき自分の人生より会社を選択し、自分にとっては有限会社ひまわりが人生そのものなのかもしれないですね。

起業前にはいろいろな人に、「どうせやってもうまくいかない」と言われたこともありました。
実際にやってみるとやはり3年はしんどくて、最初からいたスタッフ5人分の生活を考えていましたが、自分の給料も取れないほどでした。
3年たったころからやっと余裕ができ始めました。周囲から反対されながらもスタッフのガンバリをしっかり評価できる会社を起業してよかったなって思っています。

ひまわりのこれから

ひまわりにはこれから更に地域で愛される会社になってほしいと思っています。
利用者様の期待、地域の期待、職員の期待に応え続けられる会社でありたい、そのために変化していきたいと考えています。

スタッフには変わることを否定的に考えるより、パソコンのように上書きしていきながら、利用者さんのご要望に順応していってもらいたいと思います。
働いてくれているスタッフにはいつも「一緒に仕事をしてくれてありがとう」と思っています。
みんな自分に自信をもって、自分が楽しいと思う人生を歩んでほしいです。

 

役員:岡野

岡野 好美

 

 

 

「介護は人に携わる仕事だからこそ、“心”があることが大事です」
仕事において大切なことは仲間がいることだとお話ししてくれた岡野さん。
今回はひまわりで主に人事を担当している岡野さんに、
スタッフのことや介護業界についての思いをお聞きしました。

岡野が見た介護の仕事

介護業界に入ったきっかけ

介護の仕事を始めたのは、PTになろうか保育士になろうかなど漠然としていた高校生の頃、進路指導の先生が「これからは介護の時代だ!」と言ったのがきっかけでした。
その後学校を卒業してから、もう20年以上はこの業界で仕事を続けています。

苦労した療育関連の仕事

20年前の当時は「介護福祉士=高齢者向け」と認識されており、障害児支援ができると知らずに働いている人が多かったくらいの時代です。
当時ひまわりでは、障害者向けの仕事が多く、今では9割ほどが障害者向けとなっています。

療育の職員に求められることは、高齢者向けのヘルパー支援で求められることとは全く異なります。
障害児の療育は当時まだ始まったばかりの未知の世界だったので、少ない参考文献や論文を読み漁り、勉強を重ね、現場での業務に生かしていました。
「知識は働きながら覚えていく」というイメージが今あるのはこの時の経験からだと思います。

最初、療育関連の仕事で本当に苦労して、泣くこともあったし辞めたいとも思ったこともありました。
今は自分と同じ理由で苦しむスタッフが増えないように、新入社員向けの研修内容は作り込み、
少しでもキャリアアップできるように計画しています。

仕事を通して得た技術的な成長と人間的な成長

ひまわりでの業務によって介護の専門的知識や技術、疾病別・障害別支援に対する知識や技術はもちろん、
事業運営やビジネスマンとしての業務に対する手法、戦略に関するノウハウや、技術も身につきました。

また技術的な面だけでなく、たくさんの挫折から相手の立場や目線に立って物事を考えられるようになったことで、人間的な成長もできたと思います。
以前に比べて、自分の価値観や考えを押し付けることなく相手のことを考えられるようになったので、自然と自分の周りに人が集まるようになった気がします。

 

ひまわりについて

ひまわりでの仕事

ひまわりでは訪問介護事業で管理者をしています。利用者さんのご自宅を訪問し、入浴介助や排泄介助といった身体介護や買い物や調理などの家事援助の支援を行います。
また、余暇生活や通院介助などの外出支援も行っています。
現場以外では利用者さんのサービス利用に係る調整や訪問介護員の育成管理を始めとした人事労務管理、その他事業運営業務に携わっています。

長く働けるのは”周りに流されない人”

長く続いている職員は、自分がやりたいことがはっきりしていて周りに流されない人が多いように感じます。
目標がはっきりしているから、成長のスピードも早い。芯が通っている人はこの仕事に向いていると思います。

ひまわりのスタッフはレベルが高いと評価をいただくことがありますが、それはスタッフひとりひとりが社内研修を受け、
電話対応や利用者さん宅での服の畳み方といった細かい部分まで見られているということを理解しているからだと思います。
スタッフのレベルを維持するのは利用者さんのためだけでなく、スタッフ自身のキャリアを上げることにも繋がります。

面接でのこだわり

私は人事として、面接や説明会の場ではひまわりの職場環境を率直に「厳しい」と伝えるようにしています。
あらかじめ全てをお伝えした上で共感してくれる方を大切にしたいからです。
入社前にひまわりを理解してくれると働き始めてからも居心地がよく、周りの環境に影響されて急激にレベルアップするスタッフも多いです。

職場環境は厳しいですが、私自身も会社全体としても、そこで頑張ってくれる仲間は大切にしたいと思っています。
スタッフを守るために法律に従ってサービス残業を減らし、頑張った分が正しく評価され、しっかり給料に反映される体制を整えています。
同業者には「これくらいなら」ということも融通がきかないように見えるかもしれませんが、そこはブレない気持ちで行動しています。

 

”仕事ができる人”って?

技術的な面はもちろんですが、仕事ができる人とは「相手の立場に立って物事を考え、行動に移すことが出来る人」だと考えています。
利用者さん本人やそのご家族の気持ちに寄り添えるかどうかです。

利用者さんの中には自分の言葉を発せない障害をもち、意思疎通が取りにくい方もいます。
言葉を話せないので相手が今何を求めているかを行動から推測したりしますが、やはり難しいことがあります。
言葉が通じる人であっても分かりにくいことがあるので、今この瞬間相手が何をしてほしいのかをキャッチできる人が向いていると思います。

例えば、ご飯を食べているときにソワソワしている。トイレかな?テレビを見たいのかな?
こんなときにいろいろな考え方の引き出しを持っていないと、利用者さんの求めていることを叶えてあげることができません。
相手を尊重し、こちらがどれだけ意図を汲み取って動けるかがとても大事な仕事です。

 

”仲間がいること”の喜び

どんな形でも、私の人生に関わってくれているひまわりのスタッフには感謝しかありません。
「一緒に走ってくれてありがとう。私はとっても幸せ」と思っています。

目標や目的を一緒に追いかけ、喜びも楽しみも悲しみも悔しさも全て共有できる仲間がいることがひまわりの良いところです。
ひとりでは最善の支援はできませんが、仲間がいればできます。そして仲間がいれば、自分の存在価値を認めあうこともできます。

介護は人に携わる仕事だからこそ、“心”があることが大事です。
大切なスタッフには“想い想われ”の人生を歩んでほしいです。

役員:石川

石川

 

 

 

 

初めは成り行きだった介護の仕事も、今では天職。

ひまわりで生活介護事業の管理者をしている石川さんのお話です。

仕事を始めたきっかけ

中古車営業から介護福祉の世界へ

実はもともと中古車の営業をしており、介護とは全く違う仕事をしていました。
しかし不景気で大きな車が売れなくなり大丈夫かな?
と思っていたとき、友人から「これからは介護の時代だ!」
と誘われて福祉の専門学校へ入学し、27歳のときから介護の仕事を始めました。
きっかけはなりゆきでしたが、18年たった今ではこの仕事は私の天職だと感じています。

社長の誘いからひまわりがスタート

以前は介護老人保険施設で高齢者の方の介護をしていたのですが、
当時同じ職場にいた現ひまわり社長から「独立して訪問介護をやりたい!」
との想いを聞き、一緒に働かないかと誘われたことがきっかけでひまわりで働き始めました。

ひまわりに来てからは高齢者の方よりも児童の利用者様と関わる機会が増えたのですが、
高齢者と児童は同じ福祉というくくりの中でも全く違うもので、当初の私はいわゆるど素人からのスタートでした。
しかし、そんな私でも利用者様に必要とされているのがとても嬉しくて、自分で学んだり教えてもらったりしながらここまでやってきました。

 

ひまわりでの仕事

障害を持った方へ活動の場を

ひまわりでは生活介護事業の管理者をしています。
障害を持った方が日中に通う活動の場を提供する仕事です。
日々の生活でやりたいことがあっても「障害があるから出来ない」とすぐにあきらめてしまうのではなく、
周りの環境を工夫したり今ある資源を活用したりすることでその人が自分らしく楽しく過ごすためのお手伝いだと思っています。

思い出に残る仕事でのエピソード

自分の子供よりも長い時間を共有した、知的に障害のある小学生の利用者様がいました。
その方は喋ることができないので、
「私がしていることは本当に利用者様のためになっているのか」
「利用者様はどう思っているんだろう」と思っても、実際に確かめることはできずにいました。

ある日利用者様と外に出かけ、偶然街で私の家族と遭遇しました。
そのとき娘が私のところへきたのを見て、利用者様はやきもちを焼いて私にだっこをせがんだのです。
私のことを認識はしてくれているとは思ってましたが、とても驚いたし自分を好きでいてくれたことが嬉しかったことを覚えています。

ひまわりの仕事でやりがいを感じる瞬間

やりがいを特に感じるのは、利用者様の成長を感じることが出来たときやその人の将来を想像して立てた計画が実を結んだときです。
子どもは成長してできることがどんどん増えていきますが、それはひまわりの利用者様も同じです。

例えば小学校の先生であれば同じようにひとりの子どもの成長を見守るとしても卒業するまでの長くて6年間になりますが、
ひまわりで利用者様が過ごす時間はもっと長いので成長していくのをより長い間見守ることができます。
小学生だった利用者様がそこから長い時間を共に過ごし、成人していくのをみるのはとても感慨深いものがあります。

 

仕事に対する考え

自分の責任を果たすために努力し続ける

私が思う仕事ができる人とは、自分の責任を果たすために努力し続けることが出来る人です。
利用者様の期待や仲間からの期待に答えるためには、自分の責任を果たすために努力をし続けることが大切だからです。

私は管理者という立場もあり、利用者様だけでなくスタッフに対する責任も果たせるように努力しています。
例えばひまわりは創設当初スタッフが5人しかおらず、何も言わなくても以心伝心で伝わっている感覚がありました。

しかし今は人も増えて日の浅いスタッフもいるので、
全てのスタッフが働きやすいようにマニュアルを作るなど今の会社に合わせて環境づくりができるよう模索しています。

自分が仕事を始める前に聞いておきたかったアドバイス

「利用者さんはどうしたら楽しんでくれるんだろう?」と思ったら、そのヒントは自分が楽しかった思い出の中にあります。
例えば1月なら餅つき、2月ならバレンタイン、3月ならひな祭りといった季節の行事や、映画や釣りといった個人的な趣味でもいいので、
いろいろな楽しい経験や体験をして引き出しをたくさん作っておいてください。

自分が楽しかったと思えた経験は、そのまま利用者様を楽しませることにも繋がります。
ぜひ、楽しかった経験を他者に伝えられるようになってください。

 

一緒に働くスタッフへ

自分が社長を始め、スタッフや利用者様から必要としてもらえた事が現在の自分の原動力となっています。
スタッフには同じように、やりがいを感じられる充実した生活を送ってほしいと思っています。

介護の仕事は見た目以上に大変なことをしていると思います。
それでもし上手くいかないことがあっても「私にはできないんだ」と感じてほしくはありません。

やりがいの価値観は人それぞれ違うと思いますが、「できた!」という体験は大きな達成感につながります。
私はそれをサポートしたいです。一緒に学びながら、考えながら、楽しんで成長していきましょう。